ウィルス駆除

パソコン ブログ 修理

今回のご依頼はお客様から「ウィルス駆除をお願いします」という事でした。まずはパソコンをお預かりして確認。なるほど、色々入ってました。ただしほとんどが厳密にはウィルスではなく「アドウェア」と呼ばれる広告を目的としたソフトウェアで、ウィルス駆除ソフトに検知されにくいものが多く、パソコンの使用に支障をきたしたり、中には高額な請求(払う必要はな)をされる場合もありますので、全部残らず駆除する事をお勧めします。


画像左から「INBOX」、インターネットを開いた時のホームページが勝手に書き換えられています。真ん中は、インターネットに出てくる広告。もちろん偽者で実際にパソコンのエラーが出てるわけではないです。右側は「24×7 Help」右上におじさんの顔がでています。「Amazon Browser Bar」と「Amazon Browser Settings」もグーグルクロームのトップ画面を変更しちゃいますので削除します。

左の「webページからのメッセージ」には「お使いのPCが遅い実行しているか、不要な広告を表示していますか? Microsftソフトウェアの専門家を呼び出し無料の診断スキャンを行いあなたのシステムをきれいに最適しましょう。」と出ています。まるでマイクロソフトのような表示ですが、左上の赤枠、URLを良く見るとマイクロソフトではありません。
真ん中も「ビデオプレーヤーをインストールしてください(推奨)」とあり、あたかもadobeの表示にみえますが偽者です。右側は、「RegClean Pro」というソフト削除しようとするまた別の広告がでます。

他にも「PC Power Speed」「RebateInformer」「tuto4pc」「Yahoo! Search」などすべて削除。とくに「RebateInformer」は発行元が「Inbox」になっています。これは冒頭の「Inbox」にひっついてきたもので「Yahoo! Search」も発行元がヤフーでなく「Pay-By-Ads」となっていて削除しようと英語のメッセージが表示されます。順番に削除する前に発行元で並び替えたりしながら確認すると分かりやすいかと思います。

アドオン検索すべて削除できたら、IEの「アドオンの管理」から不要な検索を削除したり、グーグルクロームの「設定のリセット」を行います。
再発防止のために「タスクスケジューラー」の確認、adobeとJAVAのアップデートとwindowsアップデートを行い様子をみれば良いかと思います。

パソコンの事でお困りの時は

パソコン販売修理、web制作、ホームページ作成
GARAGE MASTER MOJA
ガレージマスターモジャ
福永 雅文(もじゃ)
兵庫県姫路市船津町2039-6
TEL079-228-9933 / 090-3990-0645

« »