windows10で「付箋」を使う

ウィンドウズ7の時代は「付箋」という名前だったが、windows10になり名前も「Sticky Notes」に変わった。

新しい付箋「Sticky Notes」は全てのプログラムの一覧にある。

スタートメニューのプログラム一覧から「S」のところまで下がると「Sticky Notes」がある。

右クリックでメニューを表示して、スタートにピン留めすることも可能だ。

スタートにピン留めされた。

早速使ってみよう。

右上の削除のアイコンの左横の「・・・」をクリックすると、付箋事に色を変える事もできる。
一番左端の「+」で、何枚もの付箋が作れる。

有効に活用していこう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください