レノボ Ideapad 330 81DC002RJP初期設定、SSD換装、メモリ増設

お客様にノートパソコンをお買い上げいただいたので初期設定を行った。

今回はレノボのIdeapad330 81DC002RJPだ。

スペックは
CPU Core i5 7200U(Kaby Lake)2.5GHz/2コア
CPUスコア  4602
メモリ容量 4GB
メモリ規格 DDR4 PC4-17000
メモリスロット(空き) 0(0)
ストレージ容量 HDD:500GB
HDD回転数 5400 rpm

液晶サイズ 15.6インチ
光学ドライブ DVD
他に、webカメラ、Bluetooth、テンキー
発表日 2018年6月19日
など。
メーカー仕様書はこちら

非光沢液晶、ワイド画面でみやすくなっている。

初期設定をすませてすぐに、BIOSのアップデートの案内が出た。これだは全て英語なので、初心者にはややハードルが高いように感じた。

初期設定が終わったので、次にHDDをSSDに換装する。標準ではHDD500GBだったので、それを960GBのSSDに付け替える。

本体の裏蓋を外すと中はこのようになっている。

バッテリーが完全内臓タイプ、メモリもオンボードタイプだ。

仕様書ではメモリの空きは0になっていて、仕様書には※3 出荷時のメモリー容量を変更することはできません。本体、あるいはOSがサポートする最大容量を超えての使用はできません。と書かれていたが、実際には1つだけ空きスロットがある。

SSDに換装後、試しにメモリを刺して動作確認を行った。すると、

8GBのメモリを搭載したのでちゃんと12GBとなっていました。
しかも、仕様書にはPC4-17000 DDR4 SDRAM SODIMMと書かれていたので微妙だったが、実は在庫がこれしか無かったのでDDR4-2400のメモリを使ったのだ。すなわちPC4-19200という事になる。
そこで念のためデュアルチャンネルも確認しておいた。

こちらも問題無し。これでSSD960GB、12GBメモリーの Ideapad 330が完成した。

ちなみに左がHDD、4GBメモリでのベンチマーク。右がSSD、12GBでのベンチマーク。

圧倒的な差がついた。
これでお客様にも安心してお使いいただける。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください