NEC製ノートパソコンの強制終了。

パソコンが反応しなくなり、どうしても電源が切れなくなった時の強制終了のやり方。

基本的には、電源ボタンの長押し(一般的に5秒以上。もしくは5~10秒)で電源が切れます。

ごく稀にこれが効かないことがあり、どうしても電源が切れない時の対処方法として、古いパソコンであれば、バッテリーパックを外す方法がありました。

だが最新のパソコンでは、バッテリーが本体内部に組み込まれており、簡単にバッテリーを外すことができなくなっています。

メーカーによっては、本体の裏面や側面に強制終了スイッチがある場合もありますが、NECに於いては強制終了スイッチは搭載されていません。なのでコンセントから電源コードを抜いてバッテリーが無くなるまで放電させる方法が取られます。

そこで、逆に強制放電させることが可能となってます。
対応機種は以下の製品

LAVIE Note Standard
LAVIE Note NEXT
LAVIE Hybrid Frista

LAVIE Note Standard、LAVIE Note NEXT、LAVIE Hybrid Fristaの場合。メモリスロットカバーを取り外すことで放電処置を行えます。
やり方は以下の通り

基本的にはパソコン裏面のメモリー部カバーは外すだけ。

→→→

 

 

 

 

 

 

ちなみに、今回作業を行ったのはLAVIE DirectのPC-GN232FSA6でした。

またメーカー公式では、
LAVIE Hybrid ZERO(2017年2月以降発表機種)
LAVIE Note Mobile(2017年2月以降発表機種)
の場合は、ACアダプターを接続したまま、電源ボタンを20秒間押し続けて、バッテリ充電ランプが点滅したら電源ボタンから指を離す。

LAVIE Direct NS(A)[Note Standard](NEC Direct販売モデル)の場合は
ACアダプタを抜いた状態で、「Fn」キー、「S」キー、「V」キーの3つを同時に約5~7秒間押し続ける。

という方法がメーカーから発表されていますが、こちらは現在のところ未確認です。

お電話でのお問い合わせ 090-3990-0645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください