オフライン(管理者により設定されているポリシーのために、ディスクはオフラインです)

あるディスクをUSB接続した時にコンピュータの中にボリュームが表示されない。

通常であれば、フォーマットされてないディスクだったりするが、そんな事は無く、
管理ツールで確認すると表示に「オフライン!」と表示されている。

このような状態。

そこにカーソルを充ててみると、

オフライン(管理者により設定されているポリシーのために、ディスクはオフラインです)と表示される。

これを修正するにはコマンドプロンプトの「DISK PART」を使う。

コマンドプロンプトを開き

「DISK PART」と入力しえエンターキーを押す。

すると別画面でDISKPART用のコマンドプロンプトが開くので「LIST DISK」を入力してエンター

ディスク一覧が表示され、やはりオフラインになっていることが確認できた。

「SELECT」コマンドを使って、ディスクを選択する。

「SELECT DISK 」と対象のディスクナンバー(ここでは「DISK 5」)を入力する。

ディスク5が選択された。

最後に「ONLINE DISK」と入力してエンターを押して

「DiskPart は選択されたディスクをオンラインにしました。」と表示されれば成功である。

コンピューターの中にドライブが確認できればOKである。

二つのコマンドプロンプトを「EXIT」で閉じる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください