Wi-Fi無効 WiFiをもう一度オンにする

最近、中古パソコンを購入される方が増えてまたこの問い合わせが増えてきた。

Wi-Fiにつながらない。突然無線に繋がらなくなった。
設定をみるとWi-Fiが無効となっている。

ところが、ネットワークとインターネットの設定ではWi-Fiはオンになっていて、機内モードもオフになってるというパターン。

接続先が表示されずに「Wi-Fiをもう一度オンにする」が手動、1時間後、2時間後と表示される。

これは、パソコン本体の無線LAN接続スイッチがオフになっているパターンです。

最近の機種にはほとんど無くなったと思いますが、Windows7の頃のパソコンにはほぼ標準で搭載されています。

ノートパソコンの側面、もしくは前部分にスイッチが付いています。

写真では分かりにくいですが、オレンジのアンテナのランプの左にスイッチがあり、オフにするとアンテナのランプも消えます。

位置はメーカーや機種によって様々なのでとにかく側面を良く探してみてください。

それでもみつからない場合はファンクションキー、キーボードのF1~F12のキーのどこかにアンテナのマークがついています。

だいたい、F5~F8あたりが多いんじゃないかなと思いますが、この場合はキーボードの左下の「FN」と一緒にアンテナマークのついたFキーを押します。機種によっては、これで無線のスイッチがオン、オフに切り替わります。

お電話でのお問い合わせ 090-3990-0645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください