WordPressで会員制サイトを制作する

WordPressのサイトで会員制サイトを作る。

いくつかプラグインがあるが、まず一番基本的なプラグインは「WP-Members」とういうプラグイン。

プラグインの新規追加から「WP-Members」と入力してインストール、有効化を行う。

WordPress管理画面のメニューから「設定」→「WP-メンバー(WP-Members)」と進む。

設定画面に入ると、画面上部に3つの赤いラベル(エラーは上記二つのみ。)でエラー表示があるのでこれを解決する。(表示が無ければ、この作業は必要無し。)

ひとつめの「WordPress設定では、誰でもコメントできます。これは推奨設定ではありません。」を解消していきます。
WordPress管理画面の「設定」から「ディスカッション(画像では「討論」)に進み、
コメントするには、ユーザーを登録してログインする必要があります」にチェックを入れます。

変更したら必ず画面下部の「設定を更新」ボタンをクリックして変更内容を保存しましょう。

次に二つ目の「WP設定では、フルテキストのRSSフィードが許可されています。これは推奨される設定ではありません。」を見て行きます。

これはWordPress管理画面の「設定」から「表示設定(画像では「読書」)」に進みます。
フィードの各投稿に含める内容」 を「全文表示」から「抜粋のみ」に変更します。

変更したら「設定を更新」ボタンをクリックします。

WP-Membersの画面に戻って赤いラベルが消えていればOKです。

基本設定

ここからが基本の設定になります。

1.固定ページ設定
2.ブロックするページの設定。
3.新規登録の項目設定。
4.メール設定

固定ページ設定

まずは、固定ページで「ログインページ」「登録ページ」「ユーザープロフィールページ」の3つのページを作成します。

ログインページの作成

固定ページの新規追加でタイトルに「ログインページ(任意)」として本文にショートコード[wpmem_form login]を入力します。
必要に応じてパーマリンクを設定します(任意)

最後にページを公開して完了です。

登録ページの作成

次にユーザーが登録するためのページを作成します。
同じく固定ページの新規作成からタイトルを入力して本文にショートコード [wpmem_form register]を入力します。

ページを公開して完了です。

ユーザープロフィールページ作成

同様にユーザープロフィールページを作成します。

固定ページから「新規追加」でタイトルを入力
本文にはショートコード [wpmem_profile] を入力して、必要に応じてパーマリンクを設定。

ページを公開して完了。

固定ページ設定

3つのページを作成できたら、WP-Membersの設定画面に戻って固定ページを設定します。

WP-Memebersオプションページの下の方「固定ページ」のところで「ログインページ」「登録ページ」「ユーザープロフィールページ」をそれぞれ先ほど作成した固定ページに設定して、最後に「更新設定」を押して完了。

その他のページ設定

WP-Membersでは、他に「ユーザー情報編集ページ」「パスワード変更ページ」「ユーザー名を忘れた場合のページ」のページを個別に作成する事が可能です。
必要に応じて、作成してください。その際以下のショートコードが使用できます。

ユーザー情報編集ページショートコード。
[wpmem_form user_edit]

パスワード変更ページショートコード。
[wpmem_form password]

ユーザー名を忘れた場合のページ生成ショートコード。
[wpmem_form forgot_username]

ブロックするページの設定

ここからはブロックするページを設定します。
WP-Membersでは会員限定のページのことブロックするページと呼びます。
ブロックできるページは

1.固定ページ。
2.投稿ページ。

の二つです。この二つのページ設定には、WP-Membersの設定画面で設定することができます。

設定を変更した際は必ずページ下部の「更新設定」を押して設定を反映させましょう。

また、仮にここで固定ページも投稿ページもブロックしないに設定しておいても、各個別の投稿毎に会員限定の記事にするかどうか選択する事が可能です。
その場合は記事の投稿ページで個別の設定を行います。

ここを「プロック済み」に設定すれば、ログインしないと見れないページとなります。

もう一つの方法として、カスタム投稿タイプで会員限定のPostを作成する方法がありますが、その方法を選択する場合は以下のメッセージが表示されるので注意が必要です。

Please keep in mind that Custom Post Types are “custom” and therefore, not all of them will function exactly the same way. WP-Members will certainly work with any post type that operate like a post or a page; but you will need to review any custom post type added to determine that it functions the way you expect.
カスタム投稿タイプは「カスタム」であるため、すべてがまったく同じように機能するわけではないことに注意してください。 WP-メンバーは確かに投稿やページのように動作するすべての投稿タイプで動作します。 ただし、追加されたカスタム投稿タイプを確認して、期待どおりに機能することを確認する必要があります。

ユーザー登録ページの項目設定

先ほど作成した固定ページ、ユーザー登録ページを見ると、初期設定ではこのような表示になっています。

ここの項目は「設定」→「WP-Members」の「フィールド」の中で変更できます。

このページで必要な項目のチェックだけ残し、必要の無い項目のチェックを外します。チェックを外す時は必ず「必須」のチェックも一緒に外します。

任意の設定が終われば、プルダウンメニューから「設定を保存」を選択し「適用」を押して反映させます。

以下はシンプルな1例です。ユーザー名、メールアドレス、パスワードとパスワードの確認の項目だけにしてみました。

メール設定

最後にメールの設定を見ておきます。
メール設定はWP-Membersのタブから、メールをクリックして表示します。

メールの本文は全て英語になっていますので、任意の日本語文章に変更すると良いでしょう。

「カスタムメールアドレス」と「送信者の名前」も任意で変更でます。
空欄のままにしておくと初期設定で
【WordPress [wordpress@gm-moja.com]】このような表記になります。

また、本文中にある、
username: [username]
password: [password]

[username]や [password]には自動でユーザーが登録したユーザーネームや、パスワードに置き換わるようになっています。

他にも次のような置換えが使用できます。

[blogname]はあなたがWordPressで設定している、ブログの名前に置き換えられます。
[subj]はあなたがWordPressで設定している、ブログの名前に置き換えられます。
[user_id]には登録したユーザーIDが入ります。
[user_login]は登録したユーザーがログイン時に使用する名前が入ります。
[user_email]は登録したユーザーのメールアドレスが入ります。
[wpmem_msurl]は基本設定で、ユーザーのプロフィール画面が設定されている時に、そこのURLが入ります。
[reg_link]はユーザーが登録する時に使用する登録ページのURLが入ります。

ここまでが基本的な設定となります。

お電話でのお問い合わせ 090-3990-0645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください