ローカル環境XAMPPで作業時のデータベースアップロード上限変更

久々にローカル環境で作業しようとして、サーバーから降ろしてきたデータベースファイルをインポートしようとしたら、容量制限が出た。

通常のサーバーではよくあるが、ローカルにもあったのか。確か以前にも一度あったが、だいぶ前なので忘れていた。

wEB上のサーバーのファイルをインストールする時のエラー

「インポートするデータを受信できませんでした。ファイル名が送信されていないか、ファイルサイズがPHPの設定で許可された最大値をこえています。FAQ 1.16をご覧ください。」

このエラーが出る。

データベースのアップロードファイル上限は2048KB。一般のサーバーと変わらんサイズだ。

もしも、ダウンロードファイルを圧縮して2MB以下にできるのであればそれでも良いが、せっかくなのでちょっと修正してみた。

これが例えばXサーバーであればphp.iniの設定で変更できるのだが、ローカル環境なので自分でphp.iniを探さなければいけない。

XAMPPのphp.iniは、XAMPPのインストールフォルダの「PHP」のフォルダ内にある。

このphp.iniファイルをテキストエディタで開く。

memory_limit=128M
post_max_size=8M
upload_max_filesize=2M

今回はこれを3つとも128Mに修正した。そして上書き保存しする。この時、XAMMPが動いている状態であれば、phpmyadminとApacheを終了させて再起動させる。

無事に128Mに変更されている。これで、大きいデータベースファイルのアップロードが可能となった。

Follow me!

お電話でのお問い合わせ 090-3990-0645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください