ブルースクリーン「MEMORY_MANAGEMENT」

今日の午前中に突然パソコンが落ちて、再起動がかかった。

そしてブルースクリーン

停止コード:MEMORY_MANAGEMENT

もうこないだから、ウィンドウズのアップデートでこれに悩まされ続けてんだけど、まさか自分のPCで出るとは思わなかったな。

そして「MEMORY_MANAGEMENT」は初めてみた。さて、再発はあるか?どうか?

一応マイクロソフトに回答はあるので翻訳版を張っておく。

MEMORY_MANAGEMENTバグチェックの値は0x0000001Aです。これは、重大なメモリ管理エラーが発生したことを示しています。

MEMORY_MANAGEMENTパラメータ
パラメーター1は、正確な違反を識別します。

パラメータ1 エラーの原因
0x1

fork cloneブロックの参照カウントが壊れています。(これは、Windowsのチェックビルドでのみ発生します。)

0x31

イメージ再配置修正テーブルまたはコードストリームが破損しています。これはおそらくハードウェアエラーです。

0x3f

CRCエラーでインページ操作が失敗しました。パラメータ2にはページファイルオフセットが含まれます。パラメーター3にはページCRC値が含まれます。パラメーター4には、予想されるCRC値が含まれています。

0x403

ページテーブルとPFNは同期していません。特にパラメータ3と4が1ビットだけ異なる場合、これはおそらくハードウェアエラーです。

0x404

システムページを削除するプロセスで、ページフレーム番号(PFN)と現在のページテーブルエントリ(PTE)ポインターの間に矛盾がありました。パラメーター2は予想されるPTEです。パラメーター3はPTEの内容で、パラメーター4はPFNのPTEです。

0x411

ページテーブルエントリ(PTE)が破損しています。パラメーター2は、PTEのアドレスです。

0x777

呼び出し元は、現在ロックされていないシステムキャッシュアドレスのロックを解除しています。(このアドレスはマッピングされていないか、2回ロック解除されています。)

0x778

システムは、保存するのではなく、最後のシステムキャッシュビューアドレスを使用しています。

0x780

0x781

引数システムキャッシュビューをマッピングするPTEが破損しています。

0x1000

MmGetSystemAddressForMdl *の呼び出し元は、完全にキャッシュされた物理ページを非キャッシュとしてマップしようとしました。このアクションにより、ハードウェア変換バッファエントリが競合するため、オペレーティングシステムによって拒否されました。呼び出し側が要求側MDLで「失敗時のバグチェック」を指定したため、システムはこのインスタンスでバグチェックを発行する以外に選択肢がありませんでした。

0x1010

呼び出し元は、現在ロックされていないページング可能セクションのロックを解除しています。(このセクションはロックされていないか、2回ロック解除されています。)

0x1233

ドライバは、ロックされていない物理メモリページをマップしようとしました。ページのコンテンツまたは属性はいつでも変更できるため、これは違法です。これは、マッピング呼び出しを行ったコードのバグです。パラメーター2は、ドライバーがマップしようとした物理ページのページフレーム番号です。

0x1234

呼び出し元は、存在しないページング可能セクションをロックしようとしています。

0x1235

呼び出し元は、無効なマッピングでMDLを保護しようとしています。

0x1236

呼び出し元が、ロックされていない(または無効な)物理ページを含むMDLを指定しました。パラメーター2には、MDLへのポインターが含まれています。パラメーター3には、無効なPFNへのポインターが含まれています。パラメーター4に無効なPFN値が含まれています。

0x3300

書き込みを実行するプロセスで、参照された仮想アドレスが誤ってコピーオンライトとしてマークされます。パラメーター2はFaultingAddressです。パラメータ3はPTEの内容です。パラメータ4は、仮想アドレススペースのタイプを示します。

0x3451

スワップアウトされたカーネルスレッドスタックのPTEが破損しています。

0x3453

終了したプロセスのすべてのページテーブルページは、未処理の参照のため削除できませんでした。これは通常、プロセスのページテーブル構造の破損を示しています。

0x4477

ドライバーは、システムプロセスのユーザー空間にある未割り当てのアドレスに書き込もうとしました。パラメーター2には、試行された書き込みのアドレスが含まれています。

0x5003

ワーキングセットの空きリストが破損しています。これはおそらくハードウェアエラーです。

0x5100

割り当てビットマップが破損しています。メモリマネージャーは、既に使用されていた仮想アドレスを上書きしようとしています。

0x5200

空きプールSLISTのページが破損しています。これは、ドライバーの解放後書き込みバグ、または前のページからのオーバーランの結果である可能性があります。パラメータ2には、空きプールブロックのアドレスが含まれます。パラメーター4には、そのアドレスにあることが予期されていた値が含まれます。パラメーター3には、見つかった実際の値が含まれています。

0x6001

メモリストアコンポーネントのプライベートメモリ範囲が破損しているため、アクセスできなくなります。パラメータ2は返されたステータスです。パラメータ3は、ストアのプライベートメモリ範囲内の仮想アドレスです。パラメーター4はMemoryDescriptorListです。

0x8884

(Windows 7のみ)。同一のページプライオリティ値を持つと想定されていたスタンバイリストの2つのページには、実際には同一のページプライオリティ値がありません。異なる値はパラメーター4でキャプチャーされます。

0x8888

0x8889

内部メモリ管理構造が破損しています。

0x888A

内部メモリ管理構造(おそらくPTEまたはPFN)が破損しています。

0x9696

最上位レベルのプロセスに接続されていない破損したリンケージでPFN(パラメーター2)が検出されました。これは、PFN構造の破損を示しています。

0x15001

以前に保護されたメモリのセキュリティを解除するプロセスでエラーが発生しました。これは、呼び出し元が間違ったプロセスコンテキストでMmUnsecureVirtualMemoryを誤って呼び出した場合に発生する可能性があります。

0x41201

仮想アドレスを照会するプロセスで、ページフレーム番号(PFN)と現在のページテーブルエントリ(PTE)ポインターの間に矛盾がありました。パラメータ2は対応するPTEです。パラメーター3はPTEの内容で、パラメーター4は仮想アドレス記述子です。

0x41283

PTEでエンコードされたワーキングセットインデックスが破損しています。

0x41284

PTEまたはワーキングセットリストが破損しています。

0x41286

呼び出し元が無効なプールアドレスを解放しようとしています。

0x41785

ワーキングセットリストが破損しています。

0x41287

ワーキングセットの同期を保持しているときに、不正なページフォールトが発生しました。パラメーター2には、参照される仮想アドレスが含まれます。

0x41790

ページテーブルページが破損しています。64ビットバージョンのWindowsでは、パラメーター2には破損したページテーブルページのPFNのアドレスが含まれています。32ビットバージョンのWindowsでは、パラメーター2には使用済みPTEの数へのポインターが含まれ、パラメーター3には使用済みPTEの数が含まれます。

0x41792

破損したPTEが検出されました。パラメーター2には、PTEのアドレスが含まれています。パラメーター3/4には、PTEの低/高部分が含まれます。

0x41793

ページテーブルページが破損しています。パラメーター2には、最後に処理されたPTEへのポインターが含まれています。パラメーター3には、見つかったゼロ以外のPTEの数が含まれています。パラメーター4には、ページテーブル内の非ゼロPTEの予想数が含まれています。

このメモリパラメーターは廃止され、Windows 10バージョン1803以降では使用できなくなりました。

0x61940

PDEが予期せず無効化されました。

0x61941

ページング階層が破損しています。パラメーター2は、障害の原因となった仮想アドレスへのポインターです。

0x61946

作成中のMDLに欠陥があります。これはほとんどの場合、MmProbeAndLockPagesを呼び出しているドライバーに障害があることを意味します。通常、ドライバーは、ページング読み取りの処理を要求されているときに、書き込みMDLを作成しようとしています。

0x61948

I / Oスペース領域の参照カウントをデクリメントするプロセスで、そのアカウンティングノードが見つかりませんでした。通常、これは、引数範囲がロックされていないか、すでにロック解除されていることを意味します。パラメータ2は、ベースI / Oフレームです。パラメーター3は領域内のページ数、パラメーター4はノードが見つからなかった特定のI / Oフレームです。

0x61949

IoPageFrameNodeがヌルです。パラメーター2はPageFrameIndexです。

0x6194A

マッピングされていないI / Oスペースの物理ページで参照カウントを減らすときにエラーが発生しました。現在参照されていないエントリは逆参照されています。パラメーター2および3は、マップされていない呼び出し側のI / Oスペースの範囲を記述し、パラメーター4は、参照されることが予想されるが参照されないI / Oスペースの物理ページです。

0x03030303

ブートローダーが壊れています。(この値はIntel Itaniumマシンにのみ適用されます。)

0x03030308

削除する(または切り捨てる)範囲はローダーによって使用されているため、安全に削除できないため、システムは停止コードを発行する必要があります。パラメーター2はHighestPhysicalPageです。

解決
!解析デバッグ拡張機能は、バグチェックに関する情報を表示し、根本原因を判断するのに役立ちます。

Windowsメモリ診断ツールを実行すると、物理メモリモジュールに影響するあらゆる種類の問題を除外するのにも役立ちます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください